導入事例

  1. ヘキサードTOP
  2. 導入事例

指定伝票発行ソフト 伝助 EOS事例:K社(魚加工食品卸)

導入事例フロー

概要

魚の加工品の卸を行っているK社では、伝助EOSを導入しました。
EOSを行う取引先は、5社のスーパー。各食品部門へ魚の加工品を卸しています。

  • A社、B社、C社は本日の注文分を受注データ受信で取ります。
  • チェーンストア伝票発行、ピッキングリストを出力
  • D社は、出荷情報の送信をJCA手順で送信。 請求情報は、CSVファイル変換。Web経由で送信しています。
  • E社も、請求情報は、CSVファイル変換。Web経由で送信しています。

操作

伝助アイコン

毎日の操作は簡単アイコンをクリックするだけです。
JCA(全銀協)手順による通信で、取引先のデータを受信、伝票発行画面まで行います。

伝助EOSの製品情報はこちら

sitemap

このページのトップへ